日本館について

日本館のテーマ

日本館のビジョン

日本は古くから出会いを大切にし、外から知恵や文化を吸収することで新しいものを生み出し、
独自の価値へと昇華させてきた。
日本は未来に向け、地球的な視野で「アイディアの出会い」を生む結節点となり、
それらを融合させることで、より良い世界へ向けたアクションを生み出していく。

日本館紹介リーフレット データ版

日本館の進捗状況(ロゴ・建築・展示等)について、以下よりダウンロードできる日本館紹介リーフレットに記載しております。

日本館の出展により目指すもの

  • (1) 中東をはじめとする国際社会における日本のプレゼンス向上
  • (2) 産業の振興
  • (3) インバウンドの増加
  • (4) レガシーの継承と創出
  • (5) 次世代を担う人材の活躍

日本館基本計画

詳しくは以下よりダウンロードできる基本計画に記載しております。

日本館の参加体制

幹事省 経済産業省
副幹事省 総務省、文部科学省、農林⽔産省、国⼟交通省
参加機関 独⽴⾏政法⼈⽇本貿易振興機構(ジェトロ)
総合プロデュース 株式会社電通ライブ

総合プロデューサー

内藤 純

内藤 純Jun Naito

株式会社電通ライブ
取締役副社長執行役員

展示会、ショールーム、店舗開発、都市開発など、多くの実績を誇る。 愛・地球博トヨタグループ館総合プロデューサー、ミラノ万博日本館展示プロデューサーをはじめ、国際博覧会において数多くのパビリオンをプロデュース。スペース、映像、グラフィック、プロダクトなど幅広い領域でのクリエーター人脈とプロダクションネットワークを有する。 2017年1月にイベント・スペース領域の専門会社「電通ライブ」を創設。「リアルな体験価値の創造」を目的に、イベント・スペース領域の高度化、次世代化をはかる。

クリエイティブ・アドバイザリーチーム

齋藤 精一

齋藤 精一Seiichi Saito

株式会社ライゾマティクス
代表取締役

建築デザインをコロンビア大学建築学科(MSAAD)で学び、2000年からNYで活動を開始。その後ArnellGroupにてクリエイティブとして活動し、2003年の越後妻有トリエンナーレでアーティストに選出されたのをきっかけに帰国。その後フリーランスのクリエイティブとして活躍後、2006年にライゾマティクスを設立。建築で培ったロジカルな思考を基に、アート・コマーシャルの領域で立体・インタラクティブの作品を多数作り続けている。2009年より国内外の広告賞にて多数受賞。現在、株式会社ライゾマティクス代表取締役、京都精華大学デザイン学科非常勤講師。 2013年D&AD Digital Design部門審査員、2014年カンヌ国際広告賞Branded Content and Entertainment部門審査員。2015年ミラノエキスポ日本館シアターコンテンツディレクター、六本木アートナイト2015にてメディアアートディレクター。グッドデザイン賞2015-2017審査員。2018年グッドデザイン賞審査委員副委員長。

小西 利行 ©NORIAKI MIWA

小西 利行Toshiyuki Konishi

株式会社POOL
代表取締役

コピーライター/クリエイティブ・ディレクター。大阪大学を卒業後、博報堂入社。2006年からPOOL INCを設立。これまでに制作したCMは500本、コピー作品は2000本を超える。「VISION CREATIVE」を掲げ、長期的な視点で企業ブランディング、広告制作、PRディレクションからプロダクトデザイン、ホテル・商業開発までを手がける。 広告作品としてサントリー「伊右衛門」、サントリービール「ザ・プレミアム・モルツ」、トヨタ「HELLO CONNECTED.」「CROWN BEYOND」、日産セレナ「モノより思い出」、 「一風堂」世界ブランディングなど。商業・施設開発として「イオンレイクタウン」、京都「The THOUSAND KYOTO」ホテル、立川「GREEN SPRINGS」「SORANO HOTEL」他、多数。2017年「プレミアムフライデー」、2019年「GO!CASHLESS2020」を提案。

展示施工

丹青社

株式会社丹青社

丹青社は、創業者が戦後活気づく百貨店の店内装飾を東京・上野で手がけたことからスタートしました。その当時から現在に至るまで、「こころを動かす空間創造のプロフェッショナル」として、店舗などの商業空間、博物館などの⽂化空間、展⽰会などのイベント空間等、⼈が⾏き交うさまざまな空間づくりの課題解決をおこなっています。調査・企画から、デザイン・設計、制作・施⼯に加えて、ICTを活用した演出や運営まで、空間づくりのプロセスを⼀貫してサポートしている企業です。

ムラヤマ

株式会社ムラヤマ

ムラヤマは100年を超える長い歴史の中で、お客様と共に多くの経験をしてまいりました。
展示会、商業・アミューズメント施設、伝統的な式典、国際スポーツイベント、テーマパーク、万国博覧会パビリオンと弊社が手掛ける領域は多岐に亘っています。
これまでの膨大な「経験知」は財産であり、特殊なノウハウとして蓄積されています。
そしてこれからも個人個人が感性を磨き、この「経験知」を独自の発想で活用し、確かな技術と共に主体的に活動していく事で、社会へそして世界へ多くの感動を創出していきます。

運営

博報堂

株式会社博報堂

博報堂は1895年に創業し、「生活者発想」と「パートナー主義」という変わることのないフィロソフィーのもとで、日々革新を続けています。高いクリエイティビティを持つプロフェッショナルがチームを編成し、広告領域のみならず、経営・事業から社会イシューまで、あらゆる領域でクライアントの皆様の国内外における課題解決をお手伝いしています。今後もクリエイティビティの力で生活や社会、事業構造の変革に寄与するような新たな価値を提供してまいります。

日本館建設予定地

敷地面積 約5,161.8m2

MAP
  1. TOP
  2. 日本館について

このサイトは機能改善のためにCookieを利用します。 詳細はこちら