日本館の建築

アラベスクと日本の麻の葉文様を組み合わせたファサード・デザイン
日本と中東の長い歴史のつながりと文化の交差を表現。
日本の折り紙を表現した3次元の立体格子
他者への敬意を表す日本の折形礼法から発祥した折り紙を表現し、来場者をお迎えする。
立体格子に張り巡らされた日本の和紙のような薄い皮膜が日よけとなって建築を包み込む。
日本と中東の伝統的な環境システムを応用
前面に水盤を設け、立体的格子を写し込む水鏡としての役割と共に、水の気化熱を利用し環境装置としたサステイナブルな建築。
構造体

幾何学 / アラベスクと組子
→ 構造体

設備システム

素材 / 柔らかい皮膜
→ 設備システム

建築設計

永山 祐子

永山 祐子Yuko Nagayama

永山祐子建築設計主宰

1975年東京生まれ。1998年昭和女子大学生活美学科卒業。1998〜2002年 青木淳建築計画事務所勤務。2002年永山祐子建築設計設立。主な仕事、「LOUIS VUITTON 京都大丸店」、「丘のある家」、「ANTEPRIMA」、「カヤバ珈琲」、「SISII」、「木屋旅館」、「豊島横尾館」、「渋谷西武AB館5F」小淵沢のホール「女神の森セントラルガーデン」など。
2005年ロレアル賞奨励賞色と科学と芸術賞 奨励賞「Kaleidoscope Real」、2005年JCDデザイン賞奨励賞「ルイ・ヴィトン京都大丸」、2006年AR Awards(UK)優秀賞「丘のあるいえ」、2007年ベスト デビュタント賞(MFU)建築部門受賞、2012年ARCHITECTURAL RECORD Award, Design Vanguard2012、2014年JIA新人賞「豊島横尾館」、2017年山梨県建築文化賞「女神の森セントラルガーデン」など。

設計者コメント

万博のテーマCONNECTから中東と日本の“文化的”な繋がり、“技術的”な繋がり、特にこの2つの繋がりから建築のテーマを考えていった。文化的な繋がりについては中東の幾何学文様と日本の幾何学文様が似通っている所から発展させ、構造体と環境的フィルターとなる新しい幾何学立体格子としてファサードに表現している。技術的な繋がりについては昔から中東で活かされている水技術から水を積極的に取り入れることを考えている。さらにこの先、中東との新しい人と人との繋がりがこの場を通してうまれることを願っている。

NTTファシリティーズ NTTファシリティーズ

株式会社
NTTファシリティーズ

100年以上にわたりNTTグループの通信インフラ設備を支えるとともに、その幅広い業務分野で培った「建築」と「エネルギー」の技術と経験を先進の「ICT」を駆使しながら高いレベルで融合。多彩な専門分野に精通したスペシャリストが多様な社会的課題を解決すべく省エネ、省コストやリスクマネジメントなどの総合エンジニアリングサービスを多角的に提供している。

設計者コメント

日本と文化や習慣の異なる中東初の万博において、プロジェクトを通じ両国の関係を深め、ひいては世界中の人がつながる場と機会の具現化を多様なソリューションで試みる。建築計画では、日本と中東が共に共感でき、現地の気候風土やコンテンツとシンクロする環境をデザイン+エンジニアリングの両面から実現し、日本人らしいきめ細やかな感性を強いメッセージとして伝えたい。

建築施工

株式会社大林組 株式会社大林組

株式会社大林組

株式会社大林組は1892年の創業以来、「誠実なものづくりの姿勢」や「技術力」というDNAを根幹に、時代を象徴する建設物を完成させてきました。1914年には東京中央停車場(現在の東京駅)を完成。その後、大阪城天守閣の再建や東京湾アクアラインの建設、近年では六本木ヒルズ、東京スカイツリーの建設にも携わりました。
大林組がめざす姿は「地球に優しいリーディングカンパニー」。省エネ技術など次世代の技術開発を行いつつ、建設事業で培ってきた技術を活かして再生可能エネルギー事業へ参入するなど、新しい領域にも事業を拡げています。

施工者コメント

大林組は1903年に大阪で開催された内国勧業博覧会を皮切りに、1970年の大阪万博、2005年の愛知万博、2010年の上海万博など数々の博覧会において会場やパビリオンの建設を手掛けています。「2020年ドバイ国際博覧会日本館」については、グループ会社の大林ミドルイーストが施工を担当します。大林組グループがこれまで培ってきた経験に基づく豊富な知識・ノウハウや高い技術力を存分に発揮し、中東において新しい人と人との繋がりを生むパビリオンを実現していきます。

  1. TOP
  2. 日本館の建築

このサイトは機能改善のためにCookieを利用します。 詳細はこちら