【第2回開催】
ドバイ万博に関するオープンセッションのご案内
~#02 「デザイン」から万博を考える~

ドバイ万博の開幕(2020年10月20日)まであと1年近くとなりました。

日本館についても、8月にはドバイの日本館予定地で起工式を行ったほか、9月には展示施工事業者や飲食事業者の公募を開始するなど、着々と準備を進めているところです。

また、日本館のアテンダントが着用することとなるユニフォームのデザイナーが、世界でも注目を集めるアンリアレイジの森永邦彦氏に決定しました。

そこで、今回は森永氏をお招きして、日本館の建築設計者である永山祐子氏とともに、「デザイン」を軸に、万博という機会を活用して世界に向けて発信できるメッセージ、万博に参画する意義、万博への期待などを語っていただきます。

また、当日は参加者からも質問をいただき、会場内の皆様とも対話を深めていきたいと思います。皆様のご参加をお待ちしています。

◯日時:2019年10月10日(木)18:30〜20:00(開場は18:00)*終了後簡単な交流会あり

◯場所:
インターナショナル・デザイン・リエゾンセンター
港区赤坂9-7-1 ミッドタウン・タワー 5 F(東京ミッドタウン・デザインハブ内)
https://designhub.jp/access/

◯出演者(予定)(敬称略):

  • クリエイティブ・アドバイザー 齋藤 精一(株式会社ライゾマティクス 代表取締役)
  • アテンダント・ユニフォーム制作デザイナー 森永 邦彦(株式会社アンリアレイジ 代表取締役)
  • 建築設計 永山 祐子(有限会社永山祐子建築設計 主宰)
  • 陳列区域日本政府副代表 東 哲也(経済産業省 博覧会国際企画調整官)

◯プログラム(予定)(敬称略):

  • ドバイ万博、大阪・関西万博に向けた進捗について(東 哲也)
  • パネルトーク(齋藤 精一(ファシリテーター)、森永 邦彦、永山 祐子)
  • Q&Aセッション

◯主な対象:万博に関心がある、万博に関わっていきたい全ての方々

◯参加費:無料

◯定員:100名

◯申込方法:
参加をご希望の方は、10月3日(木)までに、専用受付フォームから、①氏名(漢字及びふりがな)、②企業・団体名、③所属・役職、④電話番号、⑤メールアドレスを記載のうえ、お申込みください。
座席数には限りがあるため、希望者多数の場合は抽選とさせていただきます。あらかじめご了承ください。
抽選の有無に関わらず、出席可能な方にのみ10月4日(金)中にメールにてご連絡いたします。

◯主催:経済産業省

◯共催:公益財団法人日本デザイン振興会